金融資産の相続は弁護士に相談するといいです

財産を所有している人が病気や事故などにより、死亡してしまった場合には、持っていた財産を配偶者や子どもが相続するようになっています。予め寿命が近いと悟っている場合には、遺言などを残しているケースが多い傾向にありますが、突然の交通事故などにより死亡してしまった場合には、特に遺言を残していないケースもあります。そういった場合には法定相続分に従って分けることになります。法定相続分通りに分ける場合には、財産が預金や現金といった金額で簡単に分けることができるものであれば、特に困る事なくスムーズに行きます、しかし上場企業の株式や国債などといった金融資産を所有していたというケースにおいては、これらの金融資産をどのように分けるのかといった問題が生じます。

そこで、金融資産をどのように相続すればいいのか分からない場合には、弁護士に相談をするといった方法を取るのが適切です。弁護士は法律の専門家であるため、金融資産などの財産をどのよう分ければいいのか適切にアドバイスをしてくれます。特に現金化せず所有していたいと主張する人と、いったん現金化してから分ければいいと主張する人がいて意見が食い違う場合などに、弁護士に相談すると便利です。法律に則った形で適切に処理してもらうことができます。

また借入金債務など負の財産も相続の対象になるため、未返済の借入金がある場合などにも弁護士に話を聞いてもらうと、スムーズに処理を進めることができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*