金融関係の財産を相続させる為に弁護士を

不動産も揉めることが多いですが、金融資産というのは、とにかくわかりやすい価値があります。例えば、不動産であれば、三千万円の価値があっても、現金にしようとすれば、確実に目減りすることになります。その為、相続価値を換算するのが極めて難しいです。そうしたことも含めて、弁護士に相談することがお勧めできます。

そうすれば、ある程度、話をかなり確実に進められるようになります。金融資産と不動産資産というのは、どうしても欲しがるのは金融資産になります。いくらか例外はあります。例えば、かなり収益が期待できるマンションなどはかなり欲しがる人が多くなります。

遺産というのは、均等に分ける必要があるわけではないです。実はある程度の差をつけることが認められています。それが遺留分であり、これを守っていれば、とりあえず故人の遺志は尊重されることになります。但し、この場合、不公平にはなります。

一昔前のように長子にすべて相続させる、というのは現在の法律では相手が納得しない限りは不可能になっています。ですから、意外とそのあたりのことも弁護士に相談しておく必要があります。相続を多めにしたい相続人がいるときもあります。家の力を削がない為に、出来るだけ相続に関して、細かく決めないといけない人も世の中にはいるわけです。

そこまでの家柄、家格であれば、大抵は馴染みの弁護士がいることが多いですが、いないのであれば早めに見つけておくべきです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*