故人に借金があった場合の金融財産の相続なら弁護士に

人が亡くなって遺産の分割をする段階になり、遺してくれた財産が現金のような、相続人に対して有用な物であれば良いのですが、中には借金を背負ってしまったまま亡くなってしまうなどのケースも少なくありません。しかし、遺産の全てが借金と言うわけではなく、金融資産をある程度所持した状態のまま借金を背負って亡くなるという状況も決して珍しいものではありません。故人が借金を背負ってしまったまま亡くなってしまった場合については、その遺産を相続する場合はきちんとその借金も相続しなければなりません。金融財産のみを相続し、故人の借金を一切支払わないとなれば、お金を貸している側としてはたまったものでは無いからです。

借金返済の方法についてですが、まずは故人から譲渡を受けた財産のうち、現金に交換することの出来る物については弁護士との相談のうえ現金に交換してしまう事が大切です。そして、それぞれの債権者について個別に借金を返済していく必要があるのですが、この時にも注意点があります。それは、金融資産からの借金返済は債権者に対して常に公平に行わなければなりませんので、特定の債権者に全額を返済し、別の債権者への借金は後回しにするといった事は絶対にしてはなりません。相続した遺産の中から公平に債権者に対して返済を行うように弁護士に対して依頼を掛けておく事で、後からの法律的トラブルを回避することが出来るようになります。

金融に強い弁護士であれば資産の現金化にも詳しい場合が多いですので、相談してみる価値は十分にあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*