金融商品を相続する場合は、弁護士にまず相談

遺産相続では、預貯金や株、保険などの金融商品がその対象財産となることも多いです。その場合、名義の書き換え作業などが必要となりますが、この過程は非常に煩雑でわかりにくいものとなっています。金融機関ごとに異なる種類の必要書類を数多く要求されたり、やりとりに手間暇がかかったりと、かなり大変な作業です。しかし、大変だからといって放置してしまうと、故人の契約関係の処理などに支障が出たりするので、しっかり手続きをすませておかなければならない事案でもあります。

このように、金融商品の相続作業は、一般人には困難を伴うものですので、プロである弁護士に任せた方が無難です。例えば、戸籍謄本や印鑑証明などを取り寄せるためには、各自治体の指定の手続きを経なければなりませんし、遺産分割協議書が必要な場合は、分割協議を相続人の間でとりまとめる必要があります。これらを日常生活を営みつつ、個人で行うのは大変ですが、弁護士に依頼すれば、これらに対するサポートを受けることができるので大変便利です。また金融機関への対応もしてもらえるので、とても負担が軽くなります。

一定の費用がかかりますが、個人で行う労力やコストを考えますと、弁護士に依頼するメリットは非常に大きいと言えます。金融商品の相続で悩んだら、まず相続を専門分野として扱っている近くの法律事務所を探しましょう。それぞれの状況に応じた的確なアドバイス、サポートをすぐに受けられるはずです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*