弁護士に対して相続関係の

相続というのは、とにかく早めに決めておくべきです。これは揉めることがあるからです。特によく揉めることがあるのが、一世代か二世代前に長子相続をした人です。もちろん、少し前であろうと長子にすべてを相続させることは法律的に強制はできなったのですが、ある意味では圧力的にそうしたことをしていた場合があります。

そうしたところは、現代で揉める可能性が非常に強いです。具体的にどんな風に揉めるのか、ということですが、これは要するに親戚が口を出してくることです。そうならないように弁護士に依頼しておくわけです。従うべきは法律であり、それが最上位に来ることになっています。

もちろん、いくらか多めに渡すことはできますし、それこそ、相続権のない親戚にも財産は渡せるようになっています。それはできますが、遺留分、というのがありますから、これはクリアしておく義務があります。弁護士にはそうした知識も教えてもらうとよいです。財産のしっかりとした確認から、する必要性があります。

意外と自分の身代について、キチンと把握していないことがあります。それではなかなか相続に関してのことを決められないです。但し、弁護士としてもそれはあくまでメインの仕事ではないので、そこまで期待はしないほうがよいです。要するに財産となり得る骨董品などもあるところはあるでしょうが、これはさすがに弁護士に判断してもらうのは難しいです。

それでも相談するメリットはあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*