遺産相続で土地活用を行う方法とメリットについて

遺産相続を受ける場面があります。親などがお亡くなりになった際には、その資産を残された遺族で分配する方法になりますが、現金などの分かりやすいものであれば、法定通りに分配することが可能です。しかし、中には土地などを含めた不動産を遺産相続される方も存在していて、このケースでは相続人が複数名存在しているならば、揉め事に発展してしまう可能性もあります。例えば長男一家が両親と同居していた場合では、その兄弟に分配することを必要とする場合もあり、兄弟が2名存在している場合では、不動産の価値の半分を現金で渡す方法で解決できる場合も見られます。

ところが、遺産相続を行う際には、かなりの資産額を持っている方も多く、このケースでは土地活用を行ってみることも一つの方法です。例えばアパートなどを建てて賃貸住宅として兄弟などで運営を行う方法があります。資産額によっては多額の相続税の支払いが必要になる場面もありますが、敢えて借金をしてアパートを建てる方法であれば、非課税の対象になることもあり、お得な土地活用を行うこともできます。遺産相続では将来的な部分を考えて行うことも良い方法になり、アパート運営を行うケースでは、管理会社を法人として作る方法も用意されていて、家賃収入を含む利益全般を兄弟で管理を行う方法で無駄をなくして上手に資産運用することができます。

不動産の場合では長期的に利益を計上することができるので、専門家を交えて使い道について考えてみることもおすすめです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*