介護者と遺産相続問題

これから遺産相続の際に増えるであろう問題に介護者の件があります。介護者の人は自分が介護をする期間が長くなればなるほど負担は重く遺産についても多くもらいたいと主張する傾向にあります。実はこれは額の問題ではなく、大方は気持ちの問題なのです。介護者となる段階で家族の中でもめたり、一切手伝いをしなかったり、長年の家族の距離感というものが影響します。

また、今は義理の母や父の介護を、実の子供がいるにもかかわらずやっているという人も多いです。しかし、残念ながら義理の両親の面倒を見ていた妻や夫は遺産相続の際の法定相続人には該当しないため、相続の権利はありません。どんなに財産形成への貢献や介護をしても寄与分は認められないのです。ただし、介護費用を立て替えたなどの事実がある場合には証明できればその分を返してもらうことが可能ですし、夫ないし妻の補助者という解釈で法定相続人である実の子、つまり介護者の配偶者の取り分に加味して分割するケースもあります。

どの程度なのかという証拠があいまいなのでこのケースはもめることが多いです。ですから、正式な遺言書をのこすことが重要で、遺産相続の際に法定相続人以外に財産を取得させたいなら、遺言書を作成して遺贈します。生前の口約束は効力はないので注意が必要です。ただし、全財産となると実の子の反発を招きやすいですし、いずれにしても、介護の負担が1人だけに偏るともめやすいので生前からよく話し合いをすることが重要になります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*