遺産相続に関しての理解

遺産があることは、基本的に良いです。つまりは、財産が残っているわけであり、子孫にとって有難いのは間違いないです。しかし、遺産相続が骨肉の争いに発展する可能性はあります。ですから、遺産相続は可能な限り、スムーズにいくように苦心する必要があります。

実は法律的にクリアしていればよい分、と言うのがあります。これを遺留分といいますが、それでも揉めることがあります。それは要するに納得できないからであり、係争に発展することも珍しくないです。そこでお勧めできるのが遺言書です。

これは基本的に故人の遺志が最大限、尊重されます。直系卑属と配偶者に関する権利も守られています。それが遺留分です。それが守られているのであれば、遺言書はまったく問題なく、執行されます。

あまり知られていないですが、合法的に相続財産の差をつけるのはできるようになっています。遺産相続では、遺言書を書いておくことが基本になります。これでかなり揉める要素を排除できるようになります。但し、それでもやはり遺言書だけでは異議を唱える人も出てくる可能性があります。

そこでよいのが弁護士です。弁護士に依頼しておけば、遺言書に問題がないのであれば、確実に執行されるようになります。遺産相続として重要な点としては弁護士にきちんと依頼して、法律的にまったく問題ない遺言書を残しておくことです。こうすれば、揉めようとしても法律的に異議が唱えようがないようにできます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*