遺産相続における遺留分とは

遺産相続では、被相続人が遺言を残していて、本来の相続人が思わぬ損害を被る事があります。それまで一生懸命介護をしてきたのに、遺言を見てみると「遺産のすべてを愛人に譲る」といった内容だったら、愕然としてしまいますね。本来の法定相続人の期待が裏切られて、生活が破綻してしまわないように、一定の割合については保障されているとする制度があります。それが、遺留分です。

例えば、1000万円の財産を、すべて愛人に譲り渡すという遺言があったとします。本来の法定相続人は、妻と子供2人です。本来ならば、妻が500万円、子供がそれぞれ250万円ずつ相続しているはずです。しかし、遺言によって期待が裏切られてしまいました。

相続財産をあてにしていた妻と子供は生活に困るかもしれません。そういったときに、遺留分という制度が役に立ちます。妻と子供がいる場合には、遺留分は相続財産の半分、すなわち500万円です。それを法定相続分で配分するので、妻は250万円を、子供は125万円ずつを遺留分として取り戻すことができます。

相続人が父母のみの場合には、遺留分は3分の1、兄弟のみの場合には遺留分はありません。遺留分の請求は、遺産相続の開始と、遺留分が侵害されたことを知った日から1年以内に、遺留分を侵害している相手方にしなければなりません。また、遺留分の侵害を知らなくても、遺産相続があってから10年が経過したら時効により消滅します。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*